予防接種

インフルエンザ予防接種予診票

インフルエンザ予防接種を希望される方は下記の予診票をダウンロードして、必要事項を記入し主治医または近医にご相談下さい。

予防接種・受託事業対象年齢表

予防接種名 区対象年齢
ヒブワクチン (初回 : 3回) 生後2ヶ月以上5歳未満
(追加) 1歳以上5歳未満
小児用肺炎球菌ワクチン (初回: 3回) 生後2ヶ月以上5歳未満
(追加) 1歳以上5歳未満
四種混合(DPT-IPV)ワクチン
(ジフテリア・破傷風・百日せき・ポリオ)
( I 期-初回: 3回) 生後3ヶ月以上7歳6ヶ月未満
( I 期-追加) 1歳6ヶ月以上7歳6ヶ月未満
不活化ポリオワクチン   生後3ヶ月以上7歳6ヶ月未満
二種混合(DT)ワクチン
(ジフテリア・破傷風)
( II 期) 小学校6年生(11歳以上13歳未満)
麻しん風しん混合(MR)
ワクチン
( I 期) 1歳以上2歳未満
( II 期) 小学校就学1年前
水痘ワクチン (2回) 生後12ヶ月以上36ヶ月未満
日本脳炎ワクチン ( I 期-初回・2回) 3歳以上7歳6ヶ月未満
( I 期-追加) 4歳以上7歳6ヶ月未満
( II 期) 9歳以上13歳未満
B型肝炎ワクチン (3回) 生後2ヶ月以上1歳未満
BCGワクチン   生後5ヶ月以上12ヶ月未満
  • 平成27年3月末時点で、子宮頸がんワクチンは、積極的な接種勧奨の差し控えが継続されています。
  • 麻しん・風しん混合ワクチンについては、江東区では事情により法定接種期間内に接種できなった方に、任意接種期間(無料)を設けています。(詳しくは保健所・医療機関にお問い合わせ下さい)
  • 平成24年9月から、不活化ポリオは区内の指定医療機関で実施します。
  • 日本脳炎は、別途、経過措置対象者が定められていますので、ご確認下さい。

高齢者の肺炎球菌ワクチン(接種費用 4,000円、一部助成)

対象者

これまで肺炎球菌ワクチン(ポリサッカライド)を接種したことのない方で、以下に該当する方。

  • 平成30年3月31日時点で65歳の方。
  • 経過措置として、平成30年3月31日時点で以下の年齢の方。
    【1】65、70、75、80、85、90、95、100歳になる方。
    【2】60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方。(身障手帳1級相当の障害)

(詳しくは保健所・医療機関にお問い合わせ下さい)

65歳以上のインフルエンザワクチン(平成29年度)

対象者
  1. 平成29年12月31日までに満65歳以上になられる江東区民。
    但し、接種は満65歳にならないと実施できませんのでご注意ください。

  2. 江東区民で60~64歳の方で、障害者手帳1級(心臓・腎臓・呼吸器・HIVなどの疾患を有する方)の手帳を持つ方。

  3. 東京23区は相互乗り入れ制なので、他区の方でも年齢や障害者の基準を満たせば接種可能。

(詳しくは保健所・医療機関にお問い合わせ下さい)

風しんワクチン(全額助成)

対象者
  • 19歳から49歳までの女性で妊娠を予定または希望する江東区民の方で厚生労働省が予防接種を推奨する低い風しん抗体価の方(詳しくは保健所・医療機関にお問い合わせ下さい)