更年期を美しく、らくに過ごすために

2014.05.24

区民公開講座 平成26年5月24日のまとめ

百合レディスクリニック
丸本 百合子

1)更年期を正しく理解する
 更年期は「排卵などの機能が消失しはじめ、やがて月経が不順から完全に閉止し、閉経となる。閉経の前後5年間をいう。」と定義されているように、閉経前後の「時期」をさす。年齢的には40代後半から50代前半くらいまでだが、個人差が大きい。卵巣ホルモンの分泌が次第に減る時期なので、からだや心の変化が大きい。
 「更年期」「更年期障害」という言葉の誤用が多いので注意が必要だ。「若年性更年期」など、不正確な用語が使われることが多いため、「体調が悪いこと」が「更年期」と勘違いする女性が多い。これは、不定愁訴のある女性に対して「それは更年期だろう」と安易に対応する人がいる、過労に気づかせないため「更年期のせい」を使う、健康食品などの販売戦略に「あなたも更年期!」という“脅し”が使われるなどのためだろうか?
 更年期と間違えやすい状態には、ストレスや過労による月経不順、月経前症候群などがあるし、ほかの病気が更年期障害と誤認されていることもあるので注意が必要だ。
 更年期かどうかを知るためには、月経不順または、閉経であること、およそ該当年齢であること、そしてホルモン検査をすると、エストロゲンが減少、 ゴナドトロピン(LH,FSH)が増加している。

2)更年期の症状
 更年期の初期は、月経周期が短くなり、少量の出血が長く続くことがある。後期になると、月経周期が長くなる。通常1年無月経なら閉経と考える。
 のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)、突然発汗、動悸(どうき)などが起こる。逆に温かい場所でも冷える、冷え性もある。
 不安感、うつ状態、イライラ感、不眠などの精神症状。これらは職場や家庭のストレスで起こることもあり、どこまでをホルモン低下による症状と考えるかは難しいこともある。
 肩こり、腰痛、しびれ感、体力低下、疲労感。これらは、過労や長時間のパソコン作業などで発生することも多い。
 骨量の低下と骨粗しょう症、粘膜や皮膚の乾燥、かゆみ、性交痛。

3)ところで今なぜ更年期が問題?
 寿命が延長して、更年期以後の人生が長くなった。更年期は、それ以後の40~50年を生きるため、認知症や寝たきりの予防も視野に入れねばならなくなった。平均寿命が50年の時代なら、更年期を迎えれば長寿、50才は年寄り扱いされたが、一方では高齢者として尊敬され、現役をリタイア(隠居)できた。今の50代はまだ、「若い人」なので、体力が低下しても現役で働かねばならない。 仕事の責任も大きく、家事、介護、高齢で出産した場合は、育児の負担も大きい。また、更年期以後、減ってゆく骨量を維持することも大切になってきた。

4)更年期を美しくらくに過ごすために
 他の病気に気をつける。疲労やストレスを避ける。運動や趣味など楽しむのもよいが、「○○をしなければいけない」と、がんばりすぎはダメ。家事や介護を夫や子どもに分担したり、職場では若い部下を上手に使うなど、負担を減らす工夫を。「アタシ更年期なんだから」と宣言して、堂々と手抜きするもよし。

5)更年期障害に使われる主な薬
 ①ホルモン補充療法 (HRT)
 ホルモン補充療法は、エストロゲンとプロゲステロン製剤を使い、経口、パッチ、ゼリーなどがある。HRTには、更年期障害の改善、皮膚・粘膜の若返り効果、性交痛の改善、骨粗しょう症の予防と骨折率の低下、大腸がんの発生率低下、子宮内膜がんの発生率低下が期待できる。
 デメリットとして、不正出血、乳がん、冠動脈疾患、虚血性脳卒中、血栓症の発生率増加などが知られているし、HRTを使えない人もいるので注意して使うことが必要だ。
 ②漢方薬
 漢方薬は、証に合ったものを正しく使えばかなりの症状が改善される。しかし、証や投与量を誤ると副作用が出ることがある。特に、漢方薬の併用には注意が必要。証が異なれば、同じ症状でも、Aさんに効いた漢方薬がBさんに効かないことがある。
 ③睡眠導入剤・向精神薬
 不眠の解消だけで症状が改善する場合も多い。不眠や軽いうつ状態なら、内科や婦人科でも投薬をしてくれることもあるが、重症のうつ病や死にたいくらいの状態なら、精神・神経科の専門医を受診すること。

6)更年期、発想の転換を。
 卵巣ホルモンの分泌状態が変化して、心身が不安定になるのは更年期だけではない。それなのになぜ更年期だけ、マイナス・イメージがあるのだろう?それは若さや母性や体力が女性の価値であるという思いこみから、くるのではないか。
 しかし加齢がネガティブにとらえられるのは、おかしい。人間にはその年代なりの美しさがある。生きてきた歴史で磨かれた女性の美しさは、年輪として増してゆく。
 閉経すれば月経を気にせず温泉にいかれる、妊娠の心配がなくなる。そんなメリットもある。出産に耐えられない年齢に閉経というのは、いわば自然の摂理。
 疲れやすくなることもあるが、これは「無理をしてはいけないよ。」というからだの声。20代のペースで、40~50代を生きるのは無理。無理を通せば、病気を背負い込む。体力の落ちることに引け目を感じていたら、人生80~90年は渡れない。更年期に体調が悪くなるのは、体力に応じた暮らし方を工夫するための安全弁。
 更年期は成長の過程。私たちは死ぬまで、さまざまな経験を蓄えながら成長を続ける。「美しく」とは外見ではなく、生きてきた軌跡の美しさ。健康や若さがプラスで、病気や老いはマイナスという価値観では、高齢社会は生きられない。健康とは、どんなに無理をしても疲れず、病気にもならないからだを作ることではない。「生老病死」という言葉がある。「老い」や「病気」と共生しながら、自分自身のからだをいたわり、慈しみ、より伸びやかに楽しく生きる道をさぐってゆく時代に私たちは生きている。